雑記

東京の空にオレンジ色の雲が出現し、その後茨城で地震が発生。何かの関係が?

世の中、摩訶不思議な自然現象を目にすることがあるかと思います。

今回普通に通勤中にその現象に遭遇しましたので、一体何なのか調べてみました。

多分これだろうということで、確実性はないことをご了承ください。

・東京の空がオレンジ色に

本日、2016年5月16日(月)19時45分頃の話ですが、東京にてふと上空を見上げると一部の雲がオレンジ色になっていました。

それはもう異様な光景でした。あきらかにそこだけ違和感がありました。(撮っておけばよかったですね)

な、なんだこのオレンジ色の雲は!

・その後茨城で地震が発生

オレンジ色の空を目撃して帰宅したその後、21時30分ごろに茨城にて震度5弱の地震が発生しました。今回は久しぶりに緊急地震速報の嫌な音が流れましたね。

地震かな?と感じたくらいで音が流れたので、しっかりと身構えることができました。精度が上がったのでしょうか。

このときは何も思わなかったのですが、先ほどふと「そういえば、東京の空にオレンジ色の雲が浮かんでいたなぁ。何だったのだろう。」というのを思い出しました。

・オレンジ色の雲の正体は?

「オレンジ色の雲」を調べてみると、2015年にスペインで不気味なオレンジ色の雲が出現という記事がありました。ただ、それは原因が明らかで、化学工場で起きた爆発が原因とのことでした。

しかし、今日見たのは明らかにガスという感じはしませんでした。誰が見ても雲だったかと思います。ただ、オレンジ色なのは雲なのか、その上の空なのかの判別まではつきませんでした。

また、空が赤いのは地震の前兆なる記事もありましたが、根拠となるものは何もなく、あくまで噂といったところでした。地震などの前触れには動物が騒ぎ出す、などはよく聞く話ですよね。

調べた中で一番近いかなというのが光害(ひかりがい)でした。ネオンやナトリウム灯が夜空に拡散したり、雲に反射してオレンジ色に見えることがあるそうです。

ちなみに19時45分のため夕焼けではないことは確かです。一体なんだったのでしょうか。気になって夜も眠れません(嘘)。

以上、「東京の空にオレンジ色の雲が出現し、その後茨城で地震が発生。何かの関係が?」の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*