ストラテジーゲーム

無料ゲームアプリ『我が天下』の実体験レビュー

今回ご紹介の無料ゲームアプリは『我が天下』です。

三国志を舞台に天下統一を果たすことが目的のストラテジーゲームです。

侵略するための行軍には食糧が必要、部隊を結成するには予備役が必要などリアルな設定があります。

と言っても生産するものの種類は少ないので、ストラテジーゲーム初心者でもすぐに慣れると思います。

それでは「我が天下」のレビューをどうぞ。

・我が天下の概要

 

三国志を舞台に天下統一を果たすことが目的のゲームです。

最初のマップはソロプレイですが、そこをクリアすると広い世界とのバトルが待っています。

基本的に何をするにも食糧が必要なので、食糧の生産が重要です。兵糧攻めが有効というのはまさにこのことですね。

まずは軽いレクチャーを受けます。市場は銅銭の生産ね、御意。

wagatenka- (1)

建設するのは住宅、市場、農地の三つだけなので、特に迷うことはありません。大量建造は建物を一気に建設できるのでいいですね。

住宅は予備役生産、市場は銅銭生産、農地は食糧生産が行なわれます。住宅と農地が重要です。

wagatenka- (3)

大量レベルアップという機能もあります。一括でレベルアップできるので、これまたいいですね。建設関係が非常に楽です。

wagatenka- (2)

チュートリアルのレアガチャにて厳顔(げんがん)をゲット。1日1回無料でレアガチャを引くことができます。

wagatenka- (4)

・まずはソロプレイで操作に慣れる

最初は他のプレイヤーに襲われることはありません。というか他のプレイヤーを見ることすらできません(チャットの閲覧だけ可能)。

まずは操作に慣れよということですね。自分の領地では予備役、銅銭などが生産できます。建物レベルによって生産量は変わってきますので、積極的に建物レベルをあげましょう。

wagatenka- (15)

続いて賊が占拠している領土(赤旗)を攻め落とします。攻め落とすには隣接する領土で部隊を作り、それから攻め入ることになります。

ただ、部隊を作るにしても予備役が必要となりますので、隣接する領地で予備役がない場合は、他の領地から輸送する必要があります。

下の場合は予備役が31,539/50,000となり、もう少し予備役を置いておきたいなと思った場合は兵力輸送を行ないます。

wagatenka- (24)

10,000程の兵力(予備役)を長安に輸送します。輸送には膨大な食糧がかかりますので、食糧は潤沢に生産しておく必要があります。

wagatenka- (25)

そして輸送はすぐに終わるわけではなく、時間がかかります。計略によって時間を短縮することも可能です。

wagatenka- (26)

・準備が整ったらいよいよ攻め入る

食糧と予備役が集まったらいよいよ敵の領地に攻め入ります。まず隣接する領地にて部隊を結成します。

クイック補充で自動で選抜してくれますので楽です。気に入らない場合は自分で変えましょう。

wagatenka- (16)

出陣を押し、攻め入る領地を選択します。今回は長安から弘農に攻め入ります。

wagatenka- (17)

続いて布陣を決めます。敵の城で闘う時の陣形ですね。こちらもクイック布陣を押せば自動で選んでくれます。

出陣にも大量の食糧が必要ですので、食糧の大切さが身にしみます。

wagatenka- (18)

こちらが出陣したところです。画面左に所要時間が書いてあります。こちらも計略によって半分に短縮することができます。

wagatenka- (19)

計略を使うところです。行軍時間を半分にしたり、銅銭が得られたりするなど色々な計略があります。

計略は研究によって無料で得られますので、時間はかかりますがどんどん研究を進めましょう。

wagatenka- (20)

この通り、行軍時間が半分になりました。(14:00→7:00)

wagatenka- (21)

・攻め入っている状況が見れるのはいいね

行軍の時間が0:00となると戦闘がはじまります。戦闘の詳細が見られないストラテジーゲームが多いのですが、我が天下では詳細が見れます。

戦闘発生になっているところをタップすると詳細が見れます。

wagatenka- (6)

うおっ!相手にはSSR(オレンジ色)もいるではありませんか!こりゃ分が悪い。。

wagatenka- (7)

意外にも相手の攻撃はそれほど痛くありません。武将には固有のスキルがあり、有効打を与えることができます。

wagatenka- (8)

なんだかんだで敵兵を殲滅しました。落城も目前です。

wagatenka- (9)

落城させると、その領地は自分のものになります。長安を攻め落としましたので、長安が自分の領地となりました。

wagatenka- (10)

中の建物もそっくりそのままいただきます。

wagatenka- (11)

というように、どんどん自分の領地を広げていき、規定数の拠点を落とせばクリア(天下統一)となります。

・武将の強化をお忘れなく

武将それぞれに武器防具と馬を装備させることができます。商店で購入が可能ですので、少しでもステータスを上げれるよう装備しておきたいところです。

また、賊軍の兵士と闘うことで貯蓄経験値にポイントが貯まり、それを消費することで武将のレベルを上げることができます。貯蓄経験値が貯まったら忘れずに使いましょう。

wagatenka- (12)

武将には進化という要素もあります。進化には将魂が必要となり、ガチャやクエスト報酬の宝箱で入手できます。

wagatenka- (14)

武将それぞれにスキルもあります。敵全体攻撃などさまざまですので、編隊時は必ずスキルを確認し、有用なスキルで臨みたいところです。

wagatenka- (13)

・三国志といえばの武将が勢揃い

武将は募集(ガチャ)にて入手することができます。

最初は蜀だけしか募集できませんが、君主Lv.10で呉、Lv.15で魏、Lv.20で群のキャラクターを募集することが可能になります。

こちらは蜀の武将一覧です。劉備やら諸葛亮など名だたる武将がいます。

wagatenka- (23)

こちらが群の武将一覧です。董卓をはじめ、呂布などの豪傑もいます。やはり呂布の攻撃と防御は高いですね。

wagatenka- (22)

・ソロプレイの天下統一後、世界を相手にする

今回はソロプレイまでのご紹介になりましたが、ソロプレイの拠点をすべて落とすと天下統一となり、いよいよ世界に羽ばたきます。

wagatenka- (27)

ここがスタート地点ですね。世界のプレイヤーたちと相対し、時には同盟を組み天下統一を果たします。

最初は10の拠点を落とせば天下統一となるようです。

wagatenka- (28)

・まとめ

すぐに強くなろうと思うと課金が必要ですが、無課金でも1日1回レアガチャが引けるため、徐々に強くなっていきます。

ストラテジーゲームにしては開発や建物系が少ないため、他のゲームに比べたらとっつきやすいです。戦闘の詳細が見れるのもいいですね。

ここまで食糧が重要なストラテジーゲームも珍しいです。持久戦で一番重要なのは食糧なので、現実に一番忠実だと言えばそうかもしれません。

まだリリースして間もないため、あなたが天下統一する日も近いかも?下のゲームアイコンも指をさして言ってますよ笑。

我が天下:乱世演舞

我が天下:乱世演舞
開発元:Fly Li
無料
posted with アプリーチ

以上、「無料ゲームアプリ『我が天下』の実体験レビュー」の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*