アドベンチャーゲーム

無料ゲームアプリ『マジョのシマ』の実体験レビュー

今回ご紹介の無料ゲームアプリは『マジョのシマ』です。

ドット絵で表現された孤島で繰り広げられる謎解きアドベンチャーゲームとなります。このご時世にドット絵なんてと思いましたが、ところがどっこい良い雰囲気を出しています。

それでは「マジョのシマ」のレビューをどうぞ。

・マジョのシマの概要

 

主人公の女性は突如呪いを掛けられ、明朝4:00までに壺を持ってこないと命を落とすことになります。いきなりの理不尽な要望ですが、命がかかっているので仕方なく動きます。

島の住人にはとりあえず片っ端から話しかけます。酒に浸るぐらいならなんか考えろや。いや、もう為す術がないのだ。

誰がヒントを持っているか分かりませんので、どんどん話を聞いていきます。

ドット絵ですが、魔女に支配された孤島という雰囲気が出てますね。このモヤッとした感じが何とも言えません。

魔女の呪いは強力で、島の人間と話した外界の人は記憶を失ってしまうようです。

壺を盗んだ盗賊も記憶がなくなってしまいました。壺どこにやったんだよー!

・KEYを頼りに

イベントを進めるとKEYも進行していきます。次に何をすればいいか分からない時もあるので、そういう時はKEYのHINTを見ましょう。

UNOPENEDと書かれた右の再生ボタンを押すと動画広告が流れ、動画閲覧後にHINTを見ることができます。これはありがたい。

・他の人の視点

マジョのシマでは会話したキャラクターのコレクションが見れます。ただコレクションするだけではなく、そのキャラクターの行動を見ることができます。

例えばネズミの行動を見れたりします。な、なるほどぉぉおおお!

・リミットは午前4時まで

壺を持っていくのにタイムリミットがあるため、そうそうゆっくりしてはいられません。HINTにも助けられながらどんどん進むことにします。

赤いマークはアイテムやイベントを表しますので注意深く観察しましょう。おっ、壺を発見!

さっそく魔女に壺をもっていくと・・・SAD END

あかんやつや。どうやらエンディングは7種類あるようです。

アイテムはその場で使うものもあります。例えば本なら使うことで内容を読むことができます。重要なことが書かれていますので、もれなく読みましょう。

よーし、KEYを全部クリアしたので今度こそハッピーエンドだろうと思って壺を持っていきます。

NORMAL END・・・まだ何か足りないというのか!と思いKEYを見てみると、研究資料の下に新たな項目が!?

なるほどねー。ようやくTRUE ENDを迎えることができました。

・途中経過をセーブ

ある状況下で壺を持っていくとエンディングが変わるようなので、壺を持っていく前にセーブしておくと良さそうです。

・まとめ

よくある大作RPGや無限パズルゲームみたいに長く続けるものではなく、スパッと完結にエンディングを迎えることができるのはいいですね。脱出ゲーム的な感覚でしょうか。

私でもところどころHINTを見て2~3時間でクリアできましたので、得意な方はもっと早くクリアできると思います。

時間は掛けたくないけどアドベンチャーゲームをやりたい方におすすめです。

マジョのシマ

マジョのシマ
開発元:COCOSOLA Inc.
無料
posted with アプリーチ

以上、「無料ゲームアプリ『マジョのシマ』の実体験レビュー」の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*