ストラテジーゲーム

無料ゲームアプリ『Kings of Sanctuary』の実体験レビュー

今回ご紹介の無料ゲームアプリは『Kings of Sanctuary』です。

日本製のストラテジーゲーム(戦略MMORPG)となります。日本製なので何かが違うのかと言えば、大きな違いはありません。

強いて言えば日本語がまともだというところでしょうか。施設建ててアップグレードして近隣諸国を牛耳るというシステムは同じです。

それでは「Kings of Sanctuary」のレビューをどうぞ。

・Kings of Sanctuaryの概要

 

プレイヤーは国王となり将軍を従え国を強くしていきます。まずは属性(兵科)と将軍の選択から始まります。

王家の書という宝物があるのですが、ここで選んだ属性の兵士が強化されるアイテムになります。属性変更は後からできますが、80万ゴールドという莫大なゴールドが必要になるので慎重に選びましょう。

基本的にはクエストをガンガンこなしていきます。通常クエストやVIPクエストは時間経過すれば完了するものとなり、王国クエストは規定の施設を建てたりアップグレードするものになります。

この辺は説明がないと初めての方はわかりにくいかもしれません。

こちらが王国クエストです。完了すると結構な資材がもらえますので、どんどん建設/アップグレードしていきましょう。

国外遠征するための兵士を訓練します。

多くのストラテジーゲームでそうなのですが、個人的には訓練数というのに違和感を覚えます。と思ってちょっと考えていたら、そもそも国民がいる前提なら訓練数でも悪くないのかなと。失礼しました。

・作れ作れどんどん作れ

空き地を見たらとりあえず施設を作ります。採掘所系は、食料、水、木材、石材、鉄、銀、金など種類は様々です。どれも必要になるので一通りつくりましょう。

作った後はアップグレードしていきます。アップグレードにより、時間あたりの生産量や上限がアップし、将軍の経験値も手に入ります。

このゲームはゴールドが課金アイテムであり重要アイテムとなっています。金鉱ならそのゴールドを生産できるのですが、かなり微量です。

とはいえ、他のゲームで1日24個も課金アイテムが手に入ると考えたら多いですね。塵も積もればなんとやらです。

他のストラテジーゲームと同様本部は重要です。アップグレードには必要条件が提示されていますので、そちらをクリアしてからでないとアップグレードできません。

・将軍様のスキルとか

施設以外にも将軍様のスキルやら研究といった要素もあります。施設のアップグレードなどで将軍レベルがアップすると、スキル用のポイントが配布されます。

将軍スキルは戦争が有利になりますので、レベルが上がったら忘れずにポイント付与しましょう。

こちらは研究所です。研究を進めれば新しい兵士を開放することができます。ミュータントやらキャプテン・アメリカのような超人ソルジャーの誕生です。

ダークナイト、キリングマシーンなんてまさにそれ。怖すぎます。

あと冒頭で登場した「王家の書」です。騎兵を選んだので、アップグレードすると騎兵の能力がアップします。敵国に奪われることもあるので注意です。

・試しに殴り込んで見る

施設のアップグレードばかりでは面白くないので、試しに隣国に殴り込みにいきます。っとその前に自国の全体図はこちら。まぁ細々としています。

ワールドマップに出てみました。近くに他プレイヤーの国が乱立しています。国や資源所以外にも盗賊団や山賊団といったNPC国家があります。

騎兵1,000体と歩兵200体を送り込みます。正々堂々と正門から攻めることにします。

えっほ、えっほ。

どーん!!敵国が燃えました。

特に戦闘の詳細は見れず、メールで結果だけ送られてきます。

・まとめ

国産戦略MMORPGといっても海外との違いは特に感じられませんでした。やってることは同じなので何とも言えませんね。もとい、何も言えねぇ。

戦闘の詳細が見れないのも残念です。メールで結果だけ送られてきても個人的にはつまらないかなと。

日本発のストラテジーゲームなら、クリスタル オブ リユニオンの方が日本っぽさがあります。Kings of Sanctuaryは洋ゲーに似せた日本のゲームという感じです。

KOS - Kings of Sanctuary

KOS – Kings of Sanctuary
開発元:DMI Inc.
無料
posted with アプリーチ

以上、「無料ゲームアプリ『Kings of Sanctuary』の実体験レビュー」の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*