アクションゲーム

無料ゲームアプリ『#コンパス 戦闘摂理解析システム』の実体験レビュー

今回ご紹介の無料ゲームアプリは『#コンパス 戦闘摂理解析システム』です。

4枚のカードを駆使し、3vs3の陣地取りをするアクションゲームです。感覚的にはスプラトゥーンに近いのではないでしょうか。(スプラトゥーンやったことないけど笑)

わたしはスマブラを思い出しました。キャラにレベルの概念がないため、腕次第でなんとかなりそうなかんじがいいですね。バトルは3分間なので、素早い判断力が求められます。

それでは「#コンパス 戦闘摂理解析システム」のレビューをどうぞ。

・#コンパス 戦闘摂理解析システムの概要

 

特に物語はありません。デッキを組んでヒーローを選択し、あとはバトルバトルです。バトルを繰り返してランクを上げていき、トップを目指していくゲームです。

ヒーローにレベルがあるわけではなく、4枚のカードで構成されたデッキがヒーローのパラメータを決めます。また、ヒーローには得手不得手があり、近接攻撃、遠距離攻撃と攻撃のタイプもさまざまです。

接近戦でガンガン攻めたい!という方は近距離タイプを、遠距離で援護したり相手を触れることなく倒したい!という方は遠距離タイプを選びます。その時の気分によって変えてもいいですね。

カードはこんなかんじ。チュートリアルで引けるカードガチャです。保健室の救急セットは、バトル中に使うと体力が回復します。

compus-1

チュートリアルで引けるヒーローガチャではルチアーノが出ました。銃を持っているので遠距離タイプです。CV小山力也さんですか!いいっすねぇ。

compus-2

・バトルアリーナでRANKをあげていく

バトルアリーナで他のプレイヤーとバトルし、RANKを上げることがメインです。ひとりで遊ぶのはチャレンジバトルとなっており、ヒーローごとに用意されています。

もちろん、身近な友だち同士で遊ぶこともできますよ。

compus-3

マッチングしている際にミニゲームができます。こちらは「かけだし勇者と2段ジャンプ」というマリオ風のゲームです。他にもいくつかあるのかな?これは気が利いてますね。

compus-12

音楽にもこだわりがあり、ボカロP(プロデューサー)が作った曲が流れます。ルチアーノはMARETUさんが担当しています。

compus-13

バトルの後には自分の戦い方が分析されます。キルとサポートに偏っているので、終始相手プレイヤーを狙っていたことがバレルじゃないですか。

compus-15

・バトルは3分、3vs3、拠点制圧制

フィールドに設置されている拠点を3分間でより多く制圧した方が勝ちとなります。また、相手プレイヤーを倒すとチームのレベルが上がり戦闘が有利になります。

拠点制圧に専念するか、相手プレイヤーの攻撃に専念するかという駆け引きが楽しいです。

拠点に近づくと自動で制圧モードに入ります。攻撃についても、相手プレイヤーが射程範囲に入ると自動で攻撃してくれます。操作性は中々いいですね。

ただ、180度反転したい時は若干もたつきます。(慣れかな?)

compus-8

こちらはヒーロー撃破を繰り返し、チームLv9 になっています。

compus-9

こちらは相手プレイヤーを倒してレベルアップしたところです。拠点制圧状況も3-2と接戦ですので、かなりアツくなっています。開始40秒なので、まだどうなるか分かりません。

compus-10

スキルはスワイプで使うことができ、クールタイムが経過すればまた使えるようになります。

あぁー!やられた!不利な属性の攻撃で倒されたとありますので、属性には気をつけましょう。やられるとスタート地点にもどり再出発です。何度でも蘇ります。

compus-11

なんとか勝利!いやーこれは白熱しますね。3分間が実にちょうどいい。

compus-14

・カード強化でステータスが決まる!

下のようにカードに攻撃、防御、体力というパラメータが付いています。カード強化にはドラム缶のマークの燃料を使います。

バトルには4枚のカードを持ち込むことができ、4枚のカードのパラメータ合計がヒーローの強さとなります。当然ながらレアリティが高いほどパラメータは高いです。

祭りのお供!手持ち花火のカードは相手にダメージを与えるスキルです。(現実では絶対真似しないように!)

compus-4

他にも移動速度が上がるものもあれば(ドリーム☆ミーティア)、

compus-5

体力が回復するものもあります(保健室の救急セット)。色々なスキルがありますので、新しく手に入れたものは必ずスキルを確認しましょう。

compus-6

・格ゲーのキャラを出す楽しみ

ヒーローガチャはまだ見ぬヒーローが登場するガチャになります。出てないキャラはロックされているため、どんな性能を持ったキャラがいるのか楽しみです。

ストリートファイターで真豪鬼を、キングオブファイターズでゴッド・ルガールを出すような楽しみがあります。

compus-18

ヒーローガチャをやってみたところ、お祭りキャラ「深川まとい」が出ました。間違いなく近接戦闘キャラです。

compus-17

ちなみにはじめから使えるのは「十文字アタリ」だけ。攻撃、防御、体力と1.0倍なので安定したキャラです。

compus-18

ルチアーノは攻撃1.25倍と高いですが、防御は0.5倍なので紙防御です。遠距離キャラの特性ですね。

compus-19

深川まといも近接にしては防御0.65倍と低めですね。もろ刃の剣といったところでしょうか。

compus-20

このようにヒーローによって特性があります。カードスキル以外にも超必殺技のヒーロースキルもあるため、最後まで油断はできません。

・まとめ

キャラが等身大というのも私の中では評価が高いです。

画質設定も5段階選べますので、重いという方は設定でレベルを落としてプレイしてみてください。初期は3になっていますが、充分きれいな画質です。

何度も言いますが、3分間という時間設定がいいですね。ちょっとしたスキマ時間にできますし、即断即決の精神が身につきます。迷ってる暇はありません。

格闘ゲームに近いので、レベル上げとかめんどくさいけど腕には自身があるという方におすすめです。

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】
無料
posted with アプリーチ

以上、「無料ゲームアプリ『#コンパス 戦闘摂理解析システム』の実体験レビュー」の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメント

  1. ななし より:

    まといは近接じゃないですよw

    1. 管理人 より:

      そうですねw
      完全に叩くものかと思ってましたが大筒でした(^^)

コメントを残す

*