ストラテジーゲーム

無料ゲームアプリ『ファイナルファンタジー15:新たなる王国』の実体験レビュー

今回ご紹介の無料ゲームアプリは『ファイナルファンタジー15:新たなる王国』です。

ファイナルファンタジーは12までしかプレイしたことがなく、最近の超美麗グラフィックのFFはCMで見たことがあるぐらいしかありません。余裕があればじっくりやりたいですけどね。

今回は最新作ファイナルファンタジー15のモバイルアプリとなります。ファイナルファンタジーと名前は付いてますが、ストラテジーゲームというイレギュラー仕様です。

それでは「ファイナルファンタジー15:新たなる王国」のレビューをどうぞ。

・ファイナルファンタジー15:新たなる王国の概要

 

ファイナルファンタジー15のキャラクターが一応は登場するようですが、ほとんど登場しないと言ってもいいのではないでしょうか。

チュートリアルもあってないようなものなので、ストラテジーゲーム初心者は理解するのに時間がかかるかもしれません。しばらくやっていれば慣れます。

外の世界にモンスターがいるタイプのストラテジーゲームですね。

え、もう終わりですか?やればそのうち分かるので別にいいのですが、ファイナルファンタジー15が好きな方は拍子抜けじゃないでしょうか。

よくあるストラテジーゲームと同じく、城をアップグレードすると様々な特典があります。

・言われた通りクエストをこなす

基本的には画面下部に表示されているクエストをこなしていきます。クエストクリアで資源や経験値がもらえるので、ガンガン進めていきましょう。

王国クエストは施設の建設やアップグレードがクリア要件となっています。

他の英雄クエスト、ギルドクエスト、VIPクエストにおいては時間経過を待つだけの単純野郎です。開始して放置しておけば完了するので楽です。

自分の国はこんな感じです。最初は何もない更地ばかりなので、資源回収所や兵舎などを建てていきます。

ゴールドが貴重な課金アイテムとなっており、即座にアップグレードを完成させたり色々なことに使えます。

最初は石材が足りませんので、採石場を多めに建てたほうがいいかもしれません。アップグレードによって1時間あたりの生産量がダンチに変わってきます。

レベル1では1時間あたり51しか生産しませんが、

レベル5では612にまで増えます。レベルの上限は王城のレベルとなりますので、王城のレベルを上げる利点はここにもあります。

資源がある国家は強いので、とりあえず生産系を優先して建てました。

・英雄のポイント配分もお忘れなく

施設のアップグレードなどで英雄に経験値が入り、英雄のレベルが上がるとAPが付与されます。

アビリティコールではAPを使って様々な効果が得られますので、レベルが上がったら忘れずに付与しましょう。

・王国の名前を変えよう

デフォルトでは自分の王国が「Empire.18281977」というような感じになっています。これではギルドに入った時に区別がつかないので名前を変えましょう。

王城をタップすると以下の画面になります。そこから「名前を変更」をタップ。

名前を入力する画面が出ますので、入力してOKを選択。すると下記のように王国名が変わります。

・外界のモンスターを蹴散らす

王国の外に出てみます。ん?なにこの密集具合。王国があちらこちらに乱立してるんですけど。

その中にイノシシ見たいなモンスターを発見!

これは・・・ガルラじゃないですか!ファイナルファンタジー5ではお世話になりました。と言っても極力戦いたくない相手だったような。

一撃では12.5%ぐらいしか削れなかったので、全力を持ってお相手させて頂きました。経験値、資源など豊富にもっているのでいいですね。一度全力パンチすると5時間ぐらいは出撃できません。

・他にも色々な要素がある

エーテルを使って敵を倒すイベントなどもあります。プリン相手は魔法が必要なんじゃないですか~

・まとめ

さぁここまででファイナルファンタジーの要素はあったでしょうか。ほとんどないですよね。ファイナルファンタジーの冠がなんだかなぁという感じです。

序盤はそんなに登場しないんだよというのであればすみません。ファイナルファンタジーと言えばストーリーありきなので、何の気なしにいきなり王国作れと申されましても。。

ストラテジーゲームが好きな方はすぐに慣れると思います。よくあるストラテジーゲームです。

ファイナルファンタジー15:新たなる王国

ファイナルファンタジー15:新たなる王国
開発元:Epic Action LLC
無料
posted with アプリーチ

以上、「無料ゲームアプリ『ファイナルファンタジー15:新たなる王国』の実体験レビュー」の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*