アドベンチャーゲーム

無料ゲームアプリ『クリミナルケース:パシフィックベイ』の実体験レビュー

今回ご紹介の無料ゲームアプリは『クリミナルケース:パシフィックベイ』です。

先日のHiddenCityと似たような感じで、アイテム探しやパズルをこなして事件の犯人を見つけます。

HiddenCityは唐突もない感じがたまにあるのですが、クリミナルケースは割りと自然な感じで進んでいきます。日本語がときたま微妙なのはご愛嬌。

それでは「クリミナルケース:パシフィックベイ」のレビューをどうぞ。

スポンサーリンク

・クリミナルケース:パシフィックベイの概要

 

プレイヤーはパシフィックベイの警察官となって、次々と起こる事件の犯人を捕まえます。ゲームの流れは以下のとおり。

  • 犯行現場で事件の証拠を収集
  • 被害者を解剖
  • 証拠品の復元
  • 容疑者候補の聴取
  • 犯人を特定

基本的に現場でアイテム探しをすることでポイントを稼ぎ、スターを獲得します。このスターを消費して容疑者の聴取などを行なうことができます。

チュートリアルでいきなり解剖が行なわれます。か、解剖だと!?

criminalcasse-pacific-bay- (1)

おーやってるやってる。5秒とは神業ですね。

criminalcasse-pacific-bay- (2)

次に現場で破れた服を見つけたので、服の復元に入ります。

チュートリアルなのでめちゃめちゃ簡単です。

criminalcasse-pacific-bay- (3)

ちゃんと縫った跡があるのがいいですね。

criminalcasse-pacific-bay- (4)

さて、容疑者が2名ほど浮上しました。どちらにしようかな。

見るからに悪そうな左ではないだろうと確信。

criminalcasse-pacific-bay- (5)

今まで集めた証拠に合致する人物を逮捕します。

右利きかは分からず帽子も二人共かぶっているため、4という数字のみで右を逮捕しちゃいます。

criminalcasse-pacific-bay- (6)

プロフィールを見たら利き手が分かったようです。あぶねぇあぶねぇ。

ちなみに「180lbs」は180ポンドを意味し、約82kgとなります。

criminalcasse-pacific-bay- (7)

・さて、次の事件にいくとしよう

チュートリアルをさくっとこなし、いよいよプレイヤー1人で捜査をはじめます。

まずはプレイヤーの名前と姿を決めます。facebook連携している場合は、facebookの名前とアイコンになります。

男性はこんな感じ。

criminalcasse-pacific-bay- (8)

女性はこんな感じ。顔、髪、服だけなのでサラッと行きましょう。

criminalcasse-pacific-bay- (9)

アンドレア・マッケーズという鬼上官の命令で、犯行現場のビーチに向かいます。

criminalcasse-pacific-bay- (10)

パートナーにより、アイテム探しの際に得られるヒントの数が違います。

さすが鬼上官、ヒントを5つもくれるなんて、敏腕ぶりは伊達じゃありませんね。

criminalcasse-pacific-bay- (11)

さぁ、アイテム探しの時間だぜぃ!

HiddenCityと違って時間に制限はありませんが、時間が経つほど得られるポイントが減っていくため、スターの獲得に何度もプレイする必要が出てきます。

まずはアイテムがどういう見た目なのかを確認しましょうかね。

criminalcasse-pacific-bay- (29)

現場でいくつかの証拠を押さえました。被害者の指が切断されています…。

こういう描写があるため、レーティング12+となっています。12歳以下は不適切な表現があるという表示ですね。

criminalcasse-pacific-bay- (13)

一つのステップが終わると章のパーセンテージが上昇します。

シャークアッタク!という事件のようです。シャークアッタクね。

criminalcasse-pacific-bay- (14)

景色を移動させるパズル形式もあります。ピースが細かくなったら、空とか砂とかの難易度が上がりますね。

criminalcasse-pacific-bay- (15)

何やらチラシを発見しましたが、濡れていて何が書かれているのか分かりません。

そこで鑑識道具を使って証拠をあぶり出します。

criminalcasse-pacific-bay- (16)

ブラッシングすることで誰かが浮かび上がってきましたよ。

criminalcasse-pacific-bay- (17)

ふむふむ、チラシに描かれていたのは「ジミー・アイスP・ルイス」という人物でした。被害者です。

このチラシから熱烈なファンの犯行の可能性が出てきました。

criminalcasse-pacific-bay- (18)

捜査を進めていくと、調べられる現場が増えていきます。

criminalcasse-pacific-bay- (20)

続いてショッピング街に繰り出すとしましょう。破られた写真は怪しいですね。

criminalcasse-pacific-bay- (19)

さっそく写真を復元します。チュートリアルのTシャツよりは難しくなっています。

criminalcasse-pacific-bay- (21)

写真を復元すると、ジミー・アイスP・ルイスを睨みつけている女性がいました。

マギー・ライダーというサーファーのようです。

criminalcasse-pacific-bay- (22)

・さーて、アイスPの解剖だ

被害者の解剖により外傷などを確認します。ロキシー・スパークスに任せるとしましょう。

昼間は検死官、夜はパーティガールなの…ってうるせぇ!

criminalcasse-pacific-bay- (28)

即時ボタンをクリックしてと申されますが、¥120と書かれていますけど?

勢いで即時ボタンを押しましたが、購入確認画面でなんとかセーフ。あぶねぇあぶねぇ。

criminalcasse-pacific-bay- (24)

容疑者が現れました。証拠がまだないため集めないといけません。他にも容疑者がいる可能性もあります。

criminalcasse-pacific-bay- (25)

・エネルギーが少ない

プレイヤーは腹が減っているのかエネルギーが少ないです。ただ、2分で1回復するのでそこまで待つこともありません。

1回のアイテム探しで約20のエネルギーを使うため、最初は5回やったら休憩となります。

ポテトやハンバーガーを食べると回復することもできますが、もちろん課金が必要です。

criminalcasse-pacific-bay- (27)

無限にできたら際限ないので、休憩時間にやるにはちょうどよさそうです。

・まとめ

証拠を探して犯人を突き止めるという、明確なゲーム性がいいですね。HiddenCityはあれこれ集めますが、何を探しているのかがイマイチ頭に入ってきません。

そのため、最初にこういったアドベンチャーゲームをやるならクリミナルケースの方がとっつきやすいと思います。

いきなりディープな方がいいんだよ!という方はHiddenCityがいいでしょう。どちらをやっても面白いのは確かです。

クリミナルケース:パシフィックベイ

クリミナルケース:パシフィックベイ
開発元:Pretty Simple
無料
posted with アプリーチ

以上、「無料ゲームアプリ『クリミナルケース:パシフィックベイ』の実体験レビュー」の記事でした。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る


コメントを残す

*