アクションゲーム

無料ゲームアプリ『キングスナイト』の実体験レビュー

今回ご紹介の無料ゲームアプリは『キングスナイト -Wrath of the Dark Dragon-』です。

1986年に発売されたファミコン版の「キングスナイト」のスマホ版となります。強制縦スクロールアクションという独特のシステムが当時も話題になっていました。

それでは「キングスナイト」のレビューをどうぞ。

スポンサーリンク

・キングスナイトの概要

 

オルセア王国のクレア姫が邪竜トルフィダンの手により捕らわれ救うところから始まります。強制縦スクロールアクションはシューティングゲームみたいな感じですね。

こちらが邪竜トルフィダンです。中々かっこいいビジュアルをしています。

会話はLINEみたいな感じで進んでいきます。敵もトークルームに入っているのがなんだかカワイイですね。

なるほど、完全にシューティングゲームですね。右上の待機メンバーと交代が可能です。相手に有利な属性のキャラで戦いましょう。

こちらは敵だけのトークルームのようです。裏にはダースモールみたいなシス卿が潜んでいます。しかし、トルフィダンさんやられたのに余裕だなぁ。

・シンプルな作り

キャラ強化要素はレベルと武器のみというシンプルな作りです。アビリティ解放もありますが、迷うことなく対応できると思います。

アイスブランドといったらFFしか思い浮かびません。フレイムタンよりアイスブランド派です。

・ストーリーを進める

まずはストーリーを進めます。面白い要素はなくめちゃめちゃ真面目な会話です。

ここいらのボスっぽいスコーピオンとやらが出てきました。

ボスには部位があり、部位破壊するとBREAKチャンスが訪れます。ちなみに左上のASSISTボタンをONにすると自動で射撃するため、よりシューティングゲームみたいになります。

JUMPボタンを押すとジャンプし、ジャンプ中は無敵となります。前後左右の動きで敵の攻撃を避けれない場合はジャンプしましょう。

うーん、真面目な会話ばかりですね(内容的にそりゃそうなんですが)。

ボスに辿り着くまでの道中では様々なアイテムが獲得できます。HPが回復したり攻撃や防御が上がったりするアイテムがあるため有効活用しましょう。

敵を攻撃したり攻撃されたりすると溜まるBPでスキルを使うことができます。中々派手な演出でいい感じです。

おほぉおお、いい破壊力してますなぁ。山や森が吹き飛んでます。亀仙人のかめはめ波並の威力があると思われます。

ちょっと進むと敵の数が多く倒しづらくなってきました。こりゃぁカオスの予感がします。

シリアスのままどれだけ息が続くでしょうか。見ものですね。

ウェアウルフの髪型がイケメンすぎます笑。自分の爪があるのに更に爪を装着するとは。さては深爪にでもなりましたか。

とりあえず深爪を集中攻撃することに。なんたる鬼畜!なーに戦いで弱点を狙うのは基本中の基本ですよ。

・協力プレイもあるよ

スマホならではの要素として協力プレイも用意されています。他のプレイヤーとワイワイガヤガヤやるもよし、シングルプレイで集中するもよしです。

・まとめ

キングスナイトのジャンルはフォーメーションRPGと呼ばれているそうです。RPGとはいえ、他のRPGと比べて異色なのは明らかです。ストーリーはいかにも王道で普通ですが。。

バトルがシューティングゲームみたいで楽しいのですが、常に操作するため面倒と感じる方もいるかもしれません。最近はすっかりオートプレイが染み込んでますからね。

1986年当時にキングスナイトを楽しんだ方や、普通のRPGに飽きた方におすすめです。

キングスナイト -Wrath of the Dark Dragon-

キングスナイト -Wrath of the Dark Dragon-
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

以上、「無料ゲームアプリ『キングスナイト』の実体験レビュー」の記事でした。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る


コメントを残す

*