ソフトウェア

Windows10 Anniversary Update 動作影響は特になし

・Windows10 Anniversary Update

2016年8月2日に「Windows10 Anniversary Update」が配信されました。開発コードは「Redstone1」と呼ばれます。

バージョンは1607、OSビルドは14393.10です。Microsoftのホームページでは、Windows10提供以来2回目の大きな更新と書かれています。1回目は2015年11月12日に配信された「November Update」となり、開発コードは「Threshold 2」です。

使用者にとってその辺の開発コードどうたらはどうでもいいので、気になるのがアップデートしても良いかどうかかと思います。今回勝手に人柱になりましたので、状況を共有させていただきます。

アップデートに迷っている方は何かしらの判断材料となればよいです。(迷っている人は大概マニアックな人かと思いますが、マニアック向けの記事ではありませんのであしからず。)

→詳しい更新内容はこちらを参照ください

・動作影響と不具合解消

一般ユーザとして気になるのが動作影響ですよね。アップデートしたら○○が動かなくなったという事例もよくある話です。今回私は以下のバージョンからアップデートしました。

 バージョン:1511
 OSビルド:10586.494

アップデート対象のPCスペックは以下のとおり。

 CPU:Core i5 6200U 2.3GHz/2コア
 メモリ:LPDDR3 PC3-12800 8GB

・動作影響について

アップデートは30分程度で終わり、その後問題なく使えています。特に今までのWindows10と使用感で困るような違いはありません。最近追加されたものが何か増えているなという印象はあります。「3D Builder(3D印刷用?)」とか「Candy Crush Soda Saga」なんて入ってたっけ。。

私の場合は1点だけどうかなというのがありました。それは「Windows Defender」のリアルタイム保護とクラウドベースの保護がデフォルトで有効になっていたことです。

Windows Defenderは何かというと、マカフィーやAvastなどと同様のアンチウイルスソフトウェアです。普通に国内サイトを閲覧するなどであればWindows Defenderで事足りるかと思います。

私の場合はAvastというアンチウイルスを入れてますので、競合がどうかという心配はありましたが、今のところは両方有効にしていても問題はありません。

片方無効にしてもいいんじゃない?重くなるでしょ?という指摘もあるかと思いますが、重くなってから考えます笑。どちらか一方のパターンファイルにしか引っかからないというケースも可能性としてはあるので。

・不具合解消について

個人的に一番嬉しかったのが、エクスプローラ上での右クリックフリーズが解消されていることです。

先日、以下のエクスプローラ右クリックフリーズの記事を書きましたが、解消したという記事を書いた後、数日したらまたフリーズするようになりました。確実に起きるわけではなく、起きたり起きなかったりしました。

Windows10 エクスプローラ右クリックフリーズの対処法

今回のアニバーサリーアップデート後は起きていませんので、不具合が解消された可能性があります。

当該不具合ですが、実はアップデート前にセキュリティソフトのマカフィーをアンインストールしていますので、もしかしたらそれが解消につながった可能性もあります。ファイルやフォルダをリアルタイムスキャンしているとフリーズするのかもしれません。

(2016-12-5追記)
悠宇。さんよりコメントいただきました。右クリックフリーズの原因はマカフィーにありそうです。

上記不具合で困っている方は、まずはマカフィーから他のアンチウィルスソフトへの変更を試してみましょう。それで直らない場合、Anniversary Updateを試してみてください。

・導入手順

Anniversary Updateを実施する手順は以下の2種類あります。私はCase 2の手順で実施しました。

Case 1.WEBサイトからのモジュールにより実施

(1)Anniversary updateのサイト(https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12387/windows-10-update-history)より「お祝に参加しましょう」をクリックし、モジュールをダウンロードする。
windows10ani-201608001

(2)モジュールを実行し、インストーラの指示に従う。
windows10ani-201608002

Case 2.更新とセキュリティから実施

(1)作業前のバージョン確認(ファイル名を指定して実行でwinverと入力)
windows10ani-201608004

(2)Winodwsキーを押して、設定を開く
windows10ani-201608009

(3)更新とセキュリティを選択
windows10ani-20160810

(4)更新プログラムのチェックを選択(自動で更新がはじまる)
windows10ani-201608003

(5)以下メッセージの下に再起動を促すメッセージが出るため、すぐに再起動するを押して再起動を実施。Anniversary Updateが実施される。(所要時間は30分程度)
windows10ani-201608005

(6)更新が済むと、一番最初にPCを起動した時のように「ようこそ」のメッセージとともに起動する。(1)と同様にアップグレードされたかバージョンを確認する。以下のとおりバージョン1607ビルド14393.10となっていればOK。
windows10ani-201608006

・スタートメニューに若干の変更があったり
windows10ani-201608008

・通知領域に若干の変更があったりです
windows10ani-201608007

・まとめ

私の場合特に大事なデータを置いていないので、バックアップもとらずにそのままえいやとやってしまいましたが、不安な方はアップデート前にバックアップを取ることをおすすめします。

大型アップデートなので、見てみれば色々と新機能やら更新があるはずです(Winキー+Wで出るスケッチパッドに定規がついたとかね)。このバージョンがWindows10のスタートラインとなり、今後も随時アップデートされていくでしょう。

ここがどうなるのか知りたいのだけどと言った質問があれば、私の分かる範囲内でお応えしますので、下のコメントなりなんなりいただければと思います。

本当はコメント欄で有識者によるQ&Aを展開していきたいのですけどね。ここを見ている人がどれだけいるか笑。

以上、「Windows10 Anniversary Update 動作影響は特になし」の記事でした。

(2016.08.05追記)

グラフィックカードのドライバが対応しておらず、再起動後に起動してこない場合があるそうです。ドライバが対応しているかメーカーの確認がとれてからアップデートした方がいいかもしれません。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメント

  1. 悠宇。 より:

    Windows10のエクスプローラ右クリックフリーズに悩まされる事半年。
    マカフィーをアンインストールし、他のセキュリティソフトに乗り換えたら
    完全に直りました。Anniversary Update未適用なので、原因はマカフィーですね。

    1. 管理人 より:

      悠宇。さんコメントありがとうございます。
      原因はマカフィーでしたか。右クリックフリーズが解消して何よりです。

      私の方でAnniversary Update適用前に切り分けしておくべきでした。
      助かりました。

コメントを残す

*