季節感あるやつ

4月29日の祝日は昭和の日。似た祝日として文化の日があります。

2016年現在、4月29日は「昭和の日」として祝日に制定されています。

もともと4月29日は昭和天皇の誕生日「天皇誕生日」として制定されていました。それが昭和天皇が崩御された1989年1月7日を受けて、1989年より年号が平成に改まり「みどりの日」として改名されました。

ただし、国民の要望から2005年に「国民の祝日に関する法律(通称:祝日法)」が改正され、2007年より「昭和の日」として改名されました。

では「天皇誕生日」、「みどりの日」はどこに行ったのでしょうか。それは次のとおりになっています。

・天皇誕生日→現在の天皇陛下の誕生日である12月23日になりました。

・みどりの日→2007年より5月4日に移動となりました。

さて、ここで一つ疑問が浮かんでくると思います。天皇誕生日はそのままの名前ですが、みどりの日はなぜみどりなの?という疑問です。みどりの日の制定について、まず天皇誕生日が12月23日に移動したことより、みんな大好きゴールデンウィークに穴があいてしまいます。これではゴールデンウィークにならず、国民に消費をしてもらう機会が減ることで日本経済に多少なりの打撃があるのではという考えから祝日として制定されました。

そしてなぜみどりの日と命名されたのかというと、「昭和天皇が自然を好きだったから」なのですね。祝日法の懇談会において、昭和天皇は自然をこよなく愛していたことから「自然=みどり」にちなんだ名前が良いのではないかという意見が多数を占め、みどりの日として制定されました。

ちなみに昭和の日のように天皇の誕生日として制定され、名前が改名されていった祝日は他に何があるでしょうか。

11月3日の「文化の日」が似たような経緯をもっています。文化の日はもともとは明治天皇の誕生日として1927年に「明治節」として祝日に制定されました。そして1948年に文化の日に改名されました。文化の日は近代文明の目覚しい発展を称える日となっておりますので、現在でもこの日に皇居で文化勲章の授与式が行なわれています。

祝日の経緯について調べてみると中々面白い発見がありますね。「この祝日はこんな経緯があってこう命名されているんだよ」といった知識をもっておけば話のねたにもなりますし、日本を知るという意味でもいい機会になるのではないでしょうか。最近は日本離れということが散見されますので、このゴールデンウィークの隙間時間にでも調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る


コメントを残す

*