雑記

人間の豊かな想像力について ひとつの物からどこまで想像できる?

みなさん、普段何かと想像していますか?

妄想ではありませんよ、想像です。妄想は真実でないものを真実であると信じている精神病の一種です。

人間の想像力は非常に豊かです。ロボットに想像力はありません。人工知能といっても今までの経験から導き出した最適な解答にすぎません。人間は色々なことを想像することができます。それが良い方の想像であれ、悪いほうの想像であれ様々です。

良い方の想像では、例えばあなたが宝くじで1億円当たったとします。一体何に使おうかなと想像しますよね。ある人は車を買い、家を買い様々な物欲を満たしたいと思います。ここまでではあまり想像力が豊かとは言えません。単に物欲を満たすだけです。別の人は当選金を使い、さらに資金を増やそうとする方もいると思います。株式投資による配当、不動産投資による配当、はたまた会社を起こし従業員を雇い、自分が働かなくても常にビジネスをまわすことで収入を得るなど様々な想像ができると思います。想像(夢)は無限大です。

悪い方の想像では、例えば明日重要なプレゼンが控えているとします。当然ながら明日のプレゼンの練習(想像)をします。ですが何度想像しても上手くいきません。すると徐々に焦り始め自体は深刻な状況になっていきます。結局焦りと緊張から夜満足に睡眠をとることができずプレゼンを迎えてしまい、体調が充分でないことも仇となり、想像どおりの結果になってしまいます。プレゼンに失敗したことから会社で予想していた売り上げ分の受注ができず、経営計画の再考、賞与もなくなってしまう、など悪い想像も無限大です。

どちらの想像が良いかは明らかですよね。

悪い方の想像はするだけ時間の無駄です。結局はなるようになるのですから。しかしながら悪い想像ばかりをする人は多いです。もし失敗してしまったらどうしようかということをずっと悩んで先に進めない。時間がもったいないですよね。想像は無限ですが時間は有限です。そして時間はどれだけ与えられているか誰にも分かりません。失敗してもそこから学ぶことは多いはずです。なぜ失敗したのか考え、次につなげることができます。

最後に、私ごとながら先日電車に乗っている際にこんなくだらない想像をしていました。

ある電車内での出来事です。座席には座れないが座席前までは選択肢がある程度の込み具合でした。私は異国の方が着座している前にポジションをとりました。ふと頭上を見上げると、不自然なダンボールが棚上に置かれています。このダンボールはなんだろう、何が入っているのだろうと勝手に想像します。果物かな?服かな?本かな?と思っていると、何やら異国の方がそわそわしている様子が伺えました。そして手にはスマートフォンを持っています。すると、私の想像が膨らみはじめました。まさかこのダンボールには爆弾が設置されているのではないか、そしてスマートフォンが起爆スイッチとなっており、人が満杯になったところで実行に移すのではないかと。バカですよね(笑)。

さて、ここで人はどのようにすれば助かるかを考えます。目の前で爆発したらどうしようもありません。私の最終的な考えは、スマートフォンの様子は電車のガラス越しに何とか見えるので、少しでも変な行動をとったらスマートフォンを奪取するというものでした。他にも自分のスマホで相手のスマホに侵入し、コントロールを奪い取るなど想像は様々です。先ほど時間がないと言っておきながら、もしかしたら想像は最高の暇つぶしになるのかもしれません(笑)。

どうかよい想像を日ごろから心がけましょう。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*