映画

7月19日はサイボーグ009の日!年末にはオリジナル3部作公開

・7月19日はサイボーグ009の日!

なんと、今日はサイボーグ009の日なのです。

いつ記念日に登録されたのかというと、2008年に日本記念日協会に認定されました。

なぜ7月19日かというのは、週間少年キング(少年画報社)で連載を開始した1964年7月19日に合わせたのですね。

余談ですが、日本記念日協会は一般社団法人となり公的機関ではありません。一体誰が申請したのでしょうね。

・サイボーグ009とは

その名前は聞いたことがあるという方が大多数ではないでしょうか。2012年10月時点での発行部数は1000万部に達しています。

原作者は仮面ライダーでおなじみの「石ノ森章太郎」さんです。良い子(悪い子)のみんな!仮面ライダー鎧武の人ですよ!

それぞれ特殊能力を持つ9人のサイボーグの物語です。石ノ森さん自身が、漫画家としてのプロ意識を持って描いた最初の作品となります。

9人のサイボーグは、世界のかげで暗躍する死の商人「ブラックゴースト」の野望を打ち砕くために戦います。

仮面ライダーでも同じですが、ただ正義の味方が悪を倒すだけの作品ではありません。人種問題や異文化の衝突、サイボーグという人間ではない存在としての葛藤など(サイボーグなのでベースは人間です。改造人間です。)大人でも考えさせられる内容です。

・登場人物

9人の名前と出身地、特殊能力は以下のとおりです。いずれもブラックゴーストに改造されています。

001
イワン・ウイスキー(ロシア人)
超能力者(念力、テレパシー、超回復など)

002
ジェット・リンク(アメリカ人)
ジェット人間(両脚に埋め込まれた飛行ユニットでマッハ5で飛行可)

003
フランソワーズ・アルヌール(フランス人)
レーダーセンサー(聴覚、視力の強化で敵の行動を視察)

004
アルベルト・ハインリヒ(ドイツ人)
これ全身武器庫

005
ジェロニモ・ジュニア(ネイティブアメリカン)
鉄壁要塞。1000万馬力の心臓をもつ。

006
張々湖(ちゃん ちゃんこ)(中国人)
火炎放射器(体内に高圧縮エネルギー炉を持つ)

007
グレート・ブリテン(イギリス人)
変身能力(細胞の分子配列の変化。でべそにスイッチあり)

008
ピュンマ(アフリカ出身)
人間潜水艦(体内に酸素ボンベあり)

009
島村ジョー(母日本人のハーフ)
加速装置(奥歯のスイッチで最大マッハ5で行動)

・年末にオリジナル映画公開

映像化50周年記念として完全オリジナルストーリーの3部作が2016年末に公開されます。タイトルは「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」です。公開は2週間限定なので、観にいく方は公開日に注意が必要です。

第1章が11月25日、第2章が12月2日、第3章が12月9日となります。1週間ごとに公開されます。

予告編はこちら

 

完全オリジナルストーリーというのと、フル3DCGのため動きに違和感がないか心配です。

原作ファンは、完全に別物として見に行くほうがよいのではないでしょうか。

以上 7月19日はサイボーグ009の日!年末にはオリジナル3部作公開の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*