映画

X-MENアポカリプスにウルヴァリンがカメオ出演!

X-MENアポカリプスの日本公開が、8月11日(木・祝)に決定しました。今回の敵は最古のミュータント「アポカリプス」が相手となります。

前回の「X-MEN フューチャー&パスト」の続編(10年後の世界)です。まずは予告動画を3本立てで。


(C)2016 MARVEL & Subs. (C)2016 Twentieth Century Fox

・予告A

・予告B

・予告E

 

この予告のワクワク感はたまりませんね。内容は以下の記事をご覧ください。

・エン・サバー・ヌールの能力

気になるアポカリプス(本名:エン・サバー・ヌール)の能力ですが、以下の能力をもっています。()内はX-MENの中で同じ能力を持っている人を示します。

  • 分子構造を自由に操ることができる(ミスティーク)
  • 800km/hで動くことができる(クイックシルバー)
  • テレポートができる(ナイトクローラー)
  • 怪力の持ち主(ハルク)
  • テレパシー(ジーン・グレイ)
  • 不老不死(ウルヴァリン)
  • 相手のエネルギーを吸収してパワーアップ(人造人間19号)などなど

うん、どう考えても勝てませんね。X-MENが勢揃いするから、吸収の許容量を超えて爆発(ヤコン)のパターンでしょうか。それか不老不死の能力がなくなるパターンか、はたまた人間が実は愚かではないということを認識して去っていくかといったところでしょうか。

・ウルヴァリンは登場する?


(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ロンドン(5.9公開)やアメリカ(5.27公開)ではすでに公開されており、その感想サイトを見ていると登場するようですね。

ただし、本当にカメオ出演のため一言だけで去っていくようです。本編にも何も影響を与えない形の出演のようです。まぁカメオ出演なので当然といえば当然なのですが。

ウルヴァリン役はもちろん「ヒュー・ジャックマン」です。彼のウルヴァリン役は、2017年公開予定のウルヴァリンスピンオフ作品第3弾で見納めとなるようです。ウルヴァリンといえば世界中誰に聞いてもヒュー・ジャックマンかと思いますので、降板は非常に残念です。

ただ、ジェームズ・ボンドしかりいつまでも同じ役を続けることはできないので、いずれ交代の日はやってきます。ヒュー・ジャックマン曰く「トム・ハーディ」なら適任ではないか?というインタビューがありましたが、どうなることやら。

ちなみにトム・ハーディは、ダニエル・クレイグ降板後のジェームズ・ボンド最有力候補とも言われています。今後のさらなる活躍が期待できるトム・ハーディ特集でも組もうと思います。


(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

・次のMARVEL作品は?

以下のとおり続々と公開を控えています。公開日は全米公開予定です。MARVEL作品から目が離せませんね。DCコミックス系統も続々と登場するので個人的には楽しみでしょうがないです。

  • 2016年11月4日「ドクター・ストレンジ(DOCTOR STRANGE )」
  • 2017年5月5日 「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー2(GUARDIANS OF THE GALAXY VOL.2)」
  • 2017年7月7日「スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming )」
  • 2017年11月3日「ソー・ラグナロク(THOR RAGNAROK)」
  • 2018年2月16日「ブラック・パンサー(BLACK PANTHER)」

以上、「X-MENアポカリプスにウルヴァリンがカメオ出演!」の記事でした。

関連する記事
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*