PCソフトウェア

アクセスできないサイトがある?セキュリティソフトが原因かも

ウェブサイトを閲覧している時、あれつながらないなぁとなる場合ってありますよね。

本当にそのリンク先が落ちている場合もありますが、自身のパソコンが原因の可能性があります。正確に言えば、パソコンに導入してるセキュリティソフトに原因がある場合があります。

今回は無料のアンチウイルスソフトである「アバスト(avast」の場合において、アクセスできないサイトがある場合の対処法を説明します。

スポンサーリンク

・あれっ、つながらないなぁ

今回はitunesアフィリエイトのサイトを例にとって説明します。itunesアフィリエイトのトップページからプログラムに申し込むを押すと、

itunes-afi-201611001

へっ?感染「URL:Mal」をブロックしただと?まさかマルウェア?と思い、念のため画像右下のスマートスキャンを実行しました。

itunes-afi-201611014

なるほど、iTunesが最新になっていないのね。しょうがないので更新ボタンを押してアップデートします。

itunes-afi-201611002

最新のiTunesをダウンロード中に、「手動更新を待つのが面倒ですか?」と言われます。はい、面倒です。気がきいてますね、と思い自動更新を有効にするを押します。

itunes-afi-201611003

でたー!お決まりのアバストプレミアム版への誘導ですね。右上の×を押して華麗にスルーします。

itunes-afi-201611004

ところで本当にiTunesダウンロードしとるんかいなと疑問に思い、タスクマネージャーでネットワークの項目を見ます。確かにスループットが出ていましたのでダウンロードしているようです。疑ってすみません。

itunes-afi-201611005

戻ってみたらインストール中になっていました。ほんと疑ってすみません。

itunes-afi-201611006

無事にiTunesのアップデートが完了しました。表示が最新となりました。

itunes-afi-201611007

スマートスキャンのソフトウェアの結果がクリーンになりました。次のステージにいきます。

itunes-afi-201611008

次はネットワークのステージですね。ネットワークルーターのパスワードが弱いため変更せよとのお達しです。ルーターのパスワードの設定は各ルータの説明書を見てください。

Broadcomの場合は、ブラウザ上でルーターのIPを入力してログインし、画面左のログイン設定より変更することができます。

itunes-afi-201611009

ルーターのパスワードを変更したら、次はパソコンの不要ファイルなどを見てくれます。ただ見てくれるだけです。見るだけ見るけど、この先が知りたかったら買ってねという戦法です。というのを知りつつも解決するを押します。

itunes-afi-201611011

やっぱりね。。月156.67円とは安く見せてきます。だが、断る!右上の×で閉じます。

itunes-afi-201611012

さぁ、スキャンの注意項目はクリアしました。これでどうかな?

itunes-afi-201611016

まだだめですね。どうやらアバストがマルウェアがあると誤認識しているようなので、特定のサイトではスキャンを実行しないように設定します。

itunes-afi-201611014

・アバストで特定のサイトをスキャンしない設定

常駐タスク内のアバストを右クリックし、アバスト ユーザー インタフェースを開くをクリックします。

itunes-afi-201611015

コンポーネントをクリックします。

itunes-afi-201611017

ウェブシールドのカスタマイズをクリックします。

itunes-afi-201611018

スキャンからの除外にて、除外するURL(スキャンしたくないサイト)を入力し、OKをクリックします。今回は、先ほど表示されなかったページ(https://itunes-signup.performancehorizon.com/signup/jp/itunes)を除外するURLに入力しています。

itunes-afi-201611019

さてどうかな?うーん、再読み込みしても変わりませんね。どうやら上記のままでは設定が適用されていないようです。

itunes-afi-201611020

常駐タスクよりアバストのアイコンを右クリックし、アバスト シールド制御10分間無効にするをクリックします。

itunes-afi-201611021

下記のように脅されますが、今回は意図的に実行しているので、はいをクリックします。

itunes-afi-201611021-2

一旦アバストが無効になりますので、すぐに有効にします。常駐タスクより、アバスト シールド制御全てのシールドを有効にする(3つが無効)をクリックします。これでアバストが再度有効になります。

itunes-afi-201611022

さて、どうかな….きたきたー!無事に表示されました。一旦無効化しないと除外設定が有効にならないようです。

itunes-afi-201611023

・まとめ

今回はアバストをメインに説明しましたが、他のセキュリティソフトでも同様のことは起こり得ます。

同じようにスキャンを除外する設定があるはずなので、信頼できるサイトで表示されないウェブサイトがあれば、除外設定を追加することでアクセスできるようになる可能性があります。

また、セキュリティの除外設定は応用が効きますので、覚えておくとふとした時に使えます。

たとえばWindowsファイアウォールの設定も考え方としては同じです。通したいソフトウェアとポートを追加することで、お目当てのソフトウェアとの通信が可能となります。

クライアント・サーバ型のように、別セグメントへのサーバと疎通する際には確認しておくべき事項ですので、頭の片隅にでもおいておくと役立つと思います。

以上、「アクセスできないサイトがある?セキュリティソフトが原因かも」の記事でした。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る


コメントを残す

*